Fri, 07/07/2017 - 07:55 東京

NTT Comとアルカディンが、2017フロスト&サリバン アジア太平洋地域ICTアワードを受賞

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下:NTT Com)と、NTT Comグループ会社のArkadin International SAS(以下:アルカディン)は、米フロスト&サリバン社が2017年7月6日にシンガポールで開催した「2017フロスト&サリバン アジア太平洋地域ICTアワード」授賞式において、NTT Comが「UC-as-a-Service Total Solution Provider of the Year」と「Telco Data Center Service Provider of the Year」を、アルカディンが「Collaboration Service Provider of the Year」を受賞しました。

2017フロスト&サリバン アジア太平洋地域ICTアワードは、収益の伸び、市場シェア、提供するソリューションの革新性などといった評価指標にもとづき、2016年にアジア市場で活躍したサービス提供事業者に贈られる賞です。

UC-as-a-Service Total Solution Provider of the Year」は、今回新たに設けられた賞で、アジア太平洋地域において、最も優れたユニファイドコミュニケーションサービス(UCaaS)を提供する事業者に与えられるものです。お客さまの要望に沿った付加価値の提供が評価され、UCaaS分野で2年連続の受賞となりました。

【アナリストコメント】 「NTT Comは、戦略的パートナーとのコラボレーションによって多岐にわたるきめ細かなサービス提供を行っており、その柔軟性・拡張性の高さ、他社サービスとの相互運用の容易さは高い評価に値する」

 

Telco Data Center Service Provider of the Year」は、従来の「Data Center Provider of the Year」を新たに「Telco」、「Wholesale」、「Retail」の3分野に細分化したうちの1つで、アジア太平洋地域において、最も優れたデータセンターサービスを提供する通信事業者に与えられるものです。データセンターサービス分野では3度目の受賞となりました。

【アナリストコメント】 「NTT Comは、競合他社と比べ、マネージドサービスをはじめとする付加価値の提供能力が高く、アジア太平洋地域のお客さまから大きな支持を得ている」

 

Collaboration Service Provider of the Year」は、アジア太平洋地域の事業者のコラボレーションサービスの中で、最も優れたサービスを提供する会社に与えられるものです。昨年に引き続き、5年連続での受賞となりました。

【アナリストコメント】 「アルカディンは厳しい競争環境の中で、アジア太平洋地域において顧客数を着実に伸ばしている。柔軟な料金体系、迅速な技術開発に裏付けられた高いサービス品質は特筆に値する。自社製品開発の他、マイクロソフトやシスコとの技術連携も強め、UCと音声の完全統合を実現している」

ニュース&メディアに戻る