今すぐ当社のエキスパートにご相談

最適なソリューションについて、迅速で丁寧なサービスアドバイザーにお問い合わせ

I need to help

必要なのは...

重要な会議や参加者の多い会議を、間違いなく成功させたい

課題

  • たくさんの社員が参加する大規模会議を行うことになりました。
  • イベントをスムーズに進行させなくては、というプレッシャーがあります。経営幹部が話をするので、なおさらです。
  • イベントで伝える内容や、コンテンツの準備で手いっぱいで、イベントの進行までカバーできません。
  • 海外からの参加者は、各国現地でのサポートが必要です。
  • 参加者が会議に集中できるかが心配です。
  • オンラインイベントで、ネットワーク帯域を使い果たしてしまうのではないかと、情報システム部門が懸念を示しています。

ソリューション

  • 上質なコンシェルジュサービスのように手を尽くした、間違いのないコミュニケーションを、シームレスなバーチャルイベントで実現。
  • 世界中で毎日、約100件のバーチャルイベントを実施。イベントの規模やタイプは、その目的や要件によって変わります。 
  • アルカディンが、イベントの進行とサービスのすべてを見守ります。バーチャルイベントに特化したプロジェクトマネジメント、音声・ウェビナー・ビデオ会議など適切なプラットフォームの選定、オペレータによる会議運営や司会、ビデオクルーとサウンドエンジニアの派遣、イベントの企業ブランディングが含まれます。
  • 複雑なイベントの場合は、技術チェックや、主催者や講演者に場馴れしていただくためのリハーサルも可能です。  
  • 本番当日はアルカディンがイベントを管理し、全コンテンツを適切なタイミングで確実に配信します。 
  • 投票やアンケートを使って、参加者のエンゲージメントを向上することができます。 イベントのタイプに合わせて、参加者のアイディアや感想、質問を受け付けることができます。 例えば、司会が電話やオンラインチャットでの質疑応答を呼びかけるといった、進行とプラットフォームの連携ができます。
  • 海外参加者の参加障壁を下げる、オンラインイベント。各国アクセス番号や海外現地のオペレータによるサポートもご提供。
  • ピアツーピア、ユニキャスト、マルチキャストなど、使用するテクノロジーに合せたネットワーク帯域の準備。

メリット

  • イベント開催自体のプレッシャーをなくします。お客さまは、イベントのロジスティクスではなく、コンテンツに集中できるようになります。
  • 全参加者が簡単にアクセスできる、プロフェッショナルな会議を実現できるという安心感をもたらします。
  • イベント後のレポートと分析で、イベントの成功したかどうかを可視化します。 参加者一覧などのデータをご覧いただけます。オプションを追加いただくと、参加者の視聴状況などエンゲージメントに関する情報や、アンケートや投票の結果もご提供します。
  • オプションで、イベント内容をオンデマンドサービスにまとめることもできます。イベント自体を長期に渡って活用できます。

アクション

ひとを引きつけるバーチャルイベントの実現のために、アルカディンがお手伝いできることはたくさんあります。こちらでお問い合わせください。

今すぐ当社のエキスパートにご相談

最適なソリューションについて、迅速で丁寧なサービスアドバイザーにお問い合わせ

I need to help

お客様事例

ネスレ日本 ITサポート部の光森渉氏は、バーチャルイベント実施当時のことを次のように述懐しています。 「来日したグローバル本社の経営陣が、日本国内各拠点のキーメンバーに対するメッセージを直接伝えることが目的でした。このため、リアルタイム性を損なうことなく、かつコストも抑えられる先進的な手法が必要でした。このため、この遠隔会議プロジェクトを、iPadの社内デモンストレーションの場としても位置付けることにしました。タブレット端末と遠隔会議ソリューションを組み合わせることで、全社員にとって使いやすく、押しつけがましくない配信ができました」 ネスレの社内フォーラムに先立ち、アルカディンのイベントチームは会場の下見、音響チェック、音質と画質のテストを実施し、要件を確実に遂行するための事前準備を入念に行いました。 プラットフォームは、電話会議ArkadinAnytimeとCisco WebExを使いました。Cisco WebExにはプロフェッショナル品質のプレゼンテーション共有機能を持つiPadアプリがあるため、ネスレ日本が求めていた高いレベルのビデオ会議が実現しました。
アルカディンが提供するサポートは本当に熱心で、感謝しています。私たちのニーズを理解して的確なソリューションを提案してもらいました。先へ進む前に、私たちの予算内でできることとできないことを理解していてくれました。Q&Aセッション会場では英語での質疑応答となるため、音声と通訳の構成方法についても説明がありました。話し手の言葉を日本語で国内拠点の参加者に中継するために何が必要かを十分に把握していました。
ネスレ日本株式会社 ITサポート 光森渉様