今すぐ当社のエキスパートにご相談

最適なソリューションについて、迅速で丁寧なサービスアドバイザーにお問い合わせ

I need to help

必要なのは...

ユーザーの利用率を向上させたい

課題

  • 新しいコラボレーションツールの選定は、ゴールではありません。それに続く工程の始まりに過ぎません。 
  • 新しいコラボレーションツールをうまく運用するには、社員や取引先といったユーザーが、導入直後から積極的に使い始めるよう、環境を整えることが最優先です。
  • ユーザーエクスペリエンスに大きく関わるようなツールを導入する際は、そのツールの専門知識が必要とされます。電話会議アクセス方法が変わったり、従来の固定電話をやめてヘッドセットに置き換えたり、ビデオ会議を初めて使用したりなど、慣れ親しんだものが変わる場合や、使ったことのないツールを使う場合が挙げられます。

ソリューション

  • アルカディンはコラボレーション業界で15年以上の実績を持ち、ユーザーにコミュニケーションツールを積極的に使ってもらうための最適解を持っています。
  • アルカディンには世界中に37,000社のお客さまがいます。シンプルで効果的なユーザー導入プログラムを、お客さまごとにご案内しています。
  • ユーザー導入プログラムには、デジタルマーケティングコミュニケーション、カスタムトレーニング、オンサイトイベントなどが含まれます。
  • さらに、各国に専任のカスタマーサクセスチームをご用意し、新しいツールの円滑な立ち上げと運用をご支援します。

メリット

  • 新ツールが御社に浸透し軌道に乗るまで、アルカディンが責任を持って、御社と密接に連携します。
  • コラボレーションツールの専門知識はアルカディンがご提供します。ご活用いただくことで、御社の作業時間や負担を減らします。

アクション

カスタマーサクセスチームやユーザー導入プログラムについてはこちらにお問い合わせください。

今すぐ当社のエキスパートにご相談

最適なソリューションについて、迅速で丁寧なサービスアドバイザーにお問い合わせ

I need to help

お客様事例

ネスレの社内フォーラムに先立ち、アルカディンのイベントチームは会場の下見、音響チェック、音質と画質のテストを実施し、要件を確実に遂行するための事前準備を入念に行いました。光森氏はこの遠隔会議プロジェクトを、iPadの社内デモンストレーションの場としても位置付け、より意義深いものにしました。 

来日したグローバル本社の経営陣が、日本国内各拠点のキーメンバーに対するメッセージを直接伝えることが目的です。このため、リアルタイム性を損なうことなく、かつコストも抑えられる先進的な手法が必要でした。タブレット端末と遠隔会議ソリューションを組み合わせることで、全社員にとって使いやすく、押しつけがましくない配信ができました。
ネスレ日本株式会社 ITサポート 光森渉様