Fri, 09/02/2016 - 06:16

NTTコミュニケーションズ(アルカディン)、ガートナーの「Magic Quadrant for Unified Communications as a Service, Worldwide」でチャレンジャーと評価

3年連続でガートナーの市場リサーチに掲載。実行力とビジョンの完全性を評価される

英国ロンドン--(Marketwired - 2016年8月31日) - NTTコミュニケーションズとNTTコミュニケーションズのグループ企業で、ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーションサービスで世界最大級かつ最成長中のアルカディンは、2016年8月23日発表のガートナーの「Magic Quadrant for Unified Communications as a Service, Worldwide*」でチャレンジャーと評価されました。NTTコミュニケーションズ(アルカディン)として、ガートナーのチャレンジャーとしての評価基準を満たした16社のうちの1社です。 「今年はチャレンジャーと評価されました。クラウド型のUCサービスを求めるお客さまに、グローバルに応えることができている証左と考えております」と、アルカディンCEOのDidier Jaubertは述べます。「このような評価をいただき一層うれしく思います」 「アルカディンとNTTコミュニケーションズは、もっとも洗練されたインフラ、ネットワーク、通信実行力をもって、UCaaSの最前線に存在し続けます」と、Jaubertは続けます。「特にコンタクトセンター、高度なレポーティング、PBXの置き換えなどのような先進サービスをシームレスに統合するマネージドサービスを立ち上げ、お客さまにホステッド型UCアプリケーションのメリットをあますところなくご活用いただくことができます」 Arkadin Total Connectで総合UCエコシステムを提供 Arkadin Total Connect for Office 365は、アルカディンが世界各地にあるデータセンタでホスティングするプライベートクラウドのSkype for Businessサービスで、Office 365と統合されています。Arkadin Total Connect for Office 365によってSkype for Businessが本来持っている会議や音声通話に、ローカルPSTN通話やシステム統合を加えることができます。この結果、音声システムにつきもののコストや複雑さを低減します。さらなる付加価値として、コンタクトセンター、サーバー上での通話記録、クラウドファックスなどもご用意できます。プロフェッショナルなプロジェクトマネジメント、マイグレーションサービス、エンドユーザトレーニング、サポートおよびチェンジ・マネジメントなどにより、効率的な導入とシームレスなカスタマーサポートを長期に渡って実現することができます。 詳しくはhttp://arkadintotalconnect.com/をご覧ください。 *Gartner, Magic Quadrant for Unified Communications as a Service, Worldwide, Daniel O'Connell, Bern Elliot, 23 August 2016 ガートナーの免責条項 ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。 アルカディンについて アルカディンは、世界最大級、かつ急成長中のグローバル・コラボレーション・サービス・プロバイダーです。業界トップの電話・ウェブ・テレビ会議やユニファイドコミュニケーションで、楽しめるデジタル・コラボレーション体験を実現し、全世界が相手の仕事をスムーズに運びます。 NTTコミュニケーションズ・グループの一員として、その最先端で質の高いインフラを生かし、全サービスをクラウドで展開しています。大企業から中小企業まで、あらゆる規模の37,000社というお客さまを、世界19言語に完全対応し、33か国56拠点でサポートします。 詳しくはwww.arkadin.co.jpをご覧ください。 お問い合わせ先: アルカディン・ジャパン株式会社 渡辺 香 arkadinjp.mkt@arkadin.com | 電話番号:03-4570-7800
ニュース&メディアに戻る