Thu, 02/27/2014 - 00:00 フランス、パリ

パートナーの売上に貢献

コラボレーションサービスで、パートナーの売上増に貢献

世界最大級で急成長中のユニファイドコミュニケーションコラボレーションサービスプロバイダーであるアルカディンは、スティービー賞の年間最優秀テクノロジーパートナーカテゴリーにおけるセールス&カスタマーサービス部門で、銅賞を獲得しました。受賞したのは、アルカディンのホワイトレーベルプログラムです。この、グローバル展開する通信会社やチャネルパートナー向けプログラムは、その革新的な戦略と多くの成功実績が認められました。スティービー賞は、世界トップクラスのビジネスコンテストとして広く認められています。

ホワイトレーベルプログラムは、通信会社の収益性を戦略的に向上させるものです。自社の商品ポートフォリオを、先進的なクラウド型コラボレーションサービスで拡充できます。コラボレーションサービスは電話 / ウェブ / ビデオ会議のフル装備で、これらのサービスを自社ブランドで販売できます。通信会社はインフラ・契約・請求を、アルカディンはコラボレーションサービステクノロジー・カスタマーサポート・トレーニングを、それぞれ分担して行うことで、協同で優れたカスタマーエクスペリエンスを実現します。その結果、両者の売り上げと市場シェア拡大につながります。 

Orange Business Services、クラウド&オンデマンドサービスのVPであるRobin Ferriereは、ホワイトレーベルプログラムのメリットについてこう説明します。「このプログラムは両社にとってメリットがあります。アルカディンの電話・ウェブ会議は非常に使いやすく安定しているため、ユーザーサポートへの問い合わせが少なく、結果サポートコストがかさみません。そのため、経済的な料金設定でも、高い収益性を上げることができます」

アルカディンのホワイトレーベルプログラムは、Orange、NTTコミュニケーションズ、中国聯合通信、SingTel、TIME Malaysiaなど、ヨーロッパやアジアに本拠地を構える世界トップクラスの通信会社に活用されています。最も競争の激しい市場である北米では、代理店や再販会社といったチャネルパートナーが、プログラムを利用して製品の差別化を実施しています。

「我々のホワイトレーベル戦略は、パートナーの収益を向上するものです。今回の受賞により、この戦略の高い価値が裏付けられました」と、アルカディンのCPO (Chief Partnership Officer) であるDidier Jauberは述べます。「クラウド型コラボレーションやユニファイドコミュニケーションのテクノロジーは急速に成長しています。通信会社にとってはまさに、ターンキー方式で提供されるものです。我々の、クラウド型コラボレーション分野での豊富な経営実績やカスタマーサポート品質が、通信企業をしっかりとバックアップします」

スティービー・セールス&カスタマーサービス賞には、あらゆる業界や規模の企業・団体から、1,500件以上の応募がありました。

アルカディンの通信パートナープログラムについて詳しくはhttp://www.arkadin.com/jp/about-us/collaboration-services-partnersをご覧ください。

アルカディンについて
アルカディンは、 世界最大級、かつ急成長中のグローバル・コラボレーション・サービス・プロバイダーです。「進歩は、人々の『共有したい』という欲求から生まれる」という信念と、それに基づいたビジョンを通じて、電話会議・Web会議・テレビ会議・オンラインイベント・ユニファイドコミュニケーションを提供します。短期間ですぐに導入でき、高いROIを実現するクラウドモデルで展開しています。

33か国52拠点のグローバルネットワークは「お客様の身近に」のポリシーを体現するものです。各国には、ローカル言語に完全対応の専用チームがおり、37,000社のお客様にサービス提供をしています。

NTTコミュニケーションズのグループ企業として、アルカディンは世界中のお客様のニーズに応えるべく、総合的なコラボレーションとユニファイドコミュニケーションサービスを提供します。

ニュース&メディアに戻る